あらさーしょじょにっき

婚活とかいろいろがんばります。

ナチュラルにうえめせ

断捨離やら時間の使い方特集やらで、「人付き合いも整理しよう」みたいな書かれ方が本当に苦手です。
いや、何様!?っていう。

シルバー川柳6 断捨離でうっかり夫捨てそうに

シルバー川柳6 断捨離でうっかり夫捨てそうに

不要な物は確かに、自分が捨てなきゃそこから動きません。でも不要な人は自分とは関係なく生きているわけです。ストーカーされている人は整理したくてもストーカーを整理できないでしょ。整理した、つもりの人は、単にその後一度も自分を誘って来なかっただけかもしれないのに!…。突然の整理する側宣言に驚いてしまうんですよね。究極の上から目線なのに、なぜか良きこと、として扱われている。
そして何より、自分は絶対に「整理されてしまう側の人間だろうな」って思うから余計に。有益な時間や情報を与えてくれる人が整理されないのだとしたら。…っていうかとっても一般人にとって有益な時間や情報ってなんだ!?。
もちろん、なんか疲れてるし、で友達の誘いを断ることはまったく有りです。金貸してって言ってくる知人とは会わないことが正解です。結果としては同じようなことかもしれません。でも、そんな普段の感覚を頼りにできない人が、改めて人付き合いを整理したとまるで褒められることをやったような風潮が嫌なんです。
飲みニケーションの是非が問われる時代になってから、「誘う側が悪」とまでは思ってないんでしょうが、「誘われる側が不利」という意識が根付きすぎですよね。
誘う人だってビクビクしながら誘ってるんだよ!。
っていうか、自分から誘わなければ誰も誘ってくれないから誘ってるんだよ!!。
(あ、うそ、お昼だけはわたしの方が時間融通聞くから誘ってくれる同期2人いますありがとう)。
自分はいつも優位にいるのよ、って遠回しに言っているのになんで気づかないんだろう。唯一、恋愛に置いては、「自分から誘うべし!」みたいな教えが生きてますけどね。
なんでこんなことを思ったかというと、友達の結婚式の二次会幹事をやることになったのですが、特に予定もないのに行かないとか、私以外で知り合いがおらず幹事だと離席時間が長くなるから行くのよそうかな、とか言ってくるからです。
でもわたしはその友達を整理できないよ!。だってまじ友達いなくなるからね!。

dマガジンは知らないうちにすごい容量を食うけどすごい楽しい。

いやーCanCamもwithも読めるし、いらない付録は付いてこないし、男性誌も読めるからきっとこの先ユニセックスなブームにも着いていけるようになるだろうし。一度くらい買ったことあるんだけどその後ノーチェックでおもしろくなってる(自分が追いついてる?)と思ったのはGINGER。あととにかくVERYがおもしろい…。保育園の送りの際は悪目立ちしないようにアクセサリーはつけていかないけど、会社に向かうときにつけるんだって。オレンジページ伊藤理佐さんの漫画は読めないんだけど、ヴォーチェの漫画は読めるし!。

SEVENTEENで莉佳子の活躍も見れる!。今までは割と甘やかされているようなおしゃれページへの起用が多かったと思うけど、高校生なるということでがっつり私服使った着回しページ頑張ってたよ!)。

ただし、知らない間に相当のキャッシュが溜まっていくので注意!。本体のキャッシュは削除してるはずなのに容量がぎりっぎりになってしまってしばらく気が付かなかったんだけど、アプリ内でキャッシュを削除する必要があるのよ。

団地ともお28巻

 

団地ともお 28 (ビッグコミックス)

団地ともお 28 (ビッグコミックス)

 

2016年第20号掲載の 第8話「きっとだめじゃないよともお」がよかった!。強者以外は(強者に対しての)無駄な愛きょうが求められてしまう世の中に警鐘を鳴らす本作!(大げさ)。その強者も別に根っからの悪いやつじゃない(幼馴染の川下をかばう)という部分の書き方も本当上手です。上手くやればいいのに、とこぼす姉ちゃん含め、誰も悪くないからこそ、もっと厄介なんですけどね。絶妙なむずがゆさ「B級友だちとの接し方だよともお」誰もが読むべき「母の愛のカタチだよともお」などなどの良い話回とくだらない回のバランスがちょうどよくって今巻も大好きです。

CanCamに載っていない流行りが分からない

 

CanCam(キャンキャン) 2017年 02 月号 [雑誌]
 

 雑誌が好きで、いまだにCanCam買っていますし(AneCanも買ったことありますが、出てくるメーカーが合わないなあと思っているうちに廃刊になっちゃいました)、with等もよく買いますし、アイドル好きからのティーンズ向け雑誌にハマっていた時期がありまして、まだたまに買っちゃうので、流行を取り入れられているとは思いませんが、女性向けのメーカーとかは分かっていると思います。

でも、雑誌に載っていない流行りが分からないんです!。ていうか逆に、ユニセックスなブームについて何で皆さんあんなに詳しいんだろう。ユニセックスといってもいわゆるそういうファッションではなくて、男女関係ないブーム、というのかしら。靴とか防寒とかアウトドアとか下着とか髪型とか。

ツーブロックとか説明してもらっても未だに意味が分からないし。ぶっちゃけ清潔感があってハゲてなければ皆同じに見える(まぁ男性の髪型が分からないのは彼氏がいないからかな☆)。あと下着もよく分からん。あったかいやつとか冷たいやつとかね。よく分からないからとにかく重ね着してカイロに頼ってる。

ニューバランスの普通のやつが流行っていることに気付いたのもつい最近だよ!。っていうかスニーカーなんて、こちとらエアマックス狩りのころに育ってるから常にナイキが一番高くて一番恰好良いと思ってたよ!。ナイキを信じてる。

 

2016年を振り返る

1月

ディズニーランドに行く

f:id:oishiioniku:20161230105801j:plain

4~5年ぶりに!。後輩2人に連れてってもらいました。

2月

ジンギスカン食べる

f:id:oishiioniku:20161230105342j:plain

ふぐ食べる

f:id:oishiioniku:20161230103410j:plain

生魚好きじゃないけど(赤身はアレルギー疑惑あり)ふぐは大好きいぇい。

温泉に行く

後輩2人と。後輩は前記事で触れた2人です。今度はもっと遠くへ行こうと積立をしていたのですが、事件後うやむやです。

3月

藤子・F・不二雄ミュージアムに行く

f:id:oishiioniku:20161230103614j:plain

また行きたい。ほぼ読んでないに等しいのですが(ドラえもん10冊程度と、おじさんのとこで呼んだオバQと、近年読んだ短編集と、コロタン文庫のひみつ道具図鑑3冊)、ノスタルジックな気持ちになる。パーケンのことも思い出される。苦しくなりに行きたい。

メイクレッスンに行く

友人と勇気を出して行ってみました。これを機にファンデはリキッドにしました。眉毛もふんわり系を止めました。でも描けてないです。

春のメッセージフェスタに行く(ひとり)

f:id:oishiioniku:20161230110439j:plain f:id:oishiioniku:20161230110532j:plain

仲間が多すぎて距離が近すぎて全員取れないよぽすくまくん(緑のやつの右に鳥もいた)。無料で色々いただける神イベント。行けるじゃん!ってやつにタイミングよく行けたので嬉しかった。

4月

ホテルのバイキングに行く

 f:id:oishiioniku:20161230105546j:plain f:id:oishiioniku:20161230110244j:plain

バイキングのブログ見るの大好きだからほんと行けて嬉しかったけどきれいに盛るの難しいしあんま食べれないもんだ。

5月

結婚式2回

誕生日にビアガーデン

当日までは、後輩(片思いの相手と付き合った方)と食事に行くことしか決まっていなかったんですが、現職場の人やら異動した人(片思いの相手含む)も一緒に当日オープンだったビアガーデンに行けて超ハッピーでした。

天一にハマりだす

6月

スタバフラミンゴ祭

人間ドッグで処女喪失

検査するかどうかって、聞かれたりするのかなーと思っていたらこの年齢のため聞かれず…。

7月

ボドゲ会に参加

職場でボドゲをやりだす→人狼旋風

f:id:oishiioniku:20161230111846j:plain

地元で初開催された、誰でも参加できるボドゲ会に行ってみました。予想どおりとても楽しかったのですが、やはり男性ばかりで場違いかなぁと多少申し訳なかったです。その後自分でいくつか購入し、職場で仕事終わりに遊んでいます。でも流れで人狼やり始めたら、結果人狼の方が楽しくて人が集まるときは人狼ばっかりやってます。来年はもっとボドゲや謎解き本気でやりたいな。

大阪旅行(ひとり)

f:id:oishiioniku:20161230104126j:plain f:id:oishiioniku:20161230104212j:plain

f:id:oishiioniku:20161230104259j:plain f:id:oishiioniku:20161230104352j:plain

f:id:oishiioniku:20161230104434j:plain f:id:oishiioniku:20161230104503j:plain f:id:oishiioniku:20161230104540j:plain 

ニューヨークのライブがなぜか大阪で開催されたもんだから、せっかくなので大阪観光しました。上の写真はニフレルのついでに寄った万博公園内のEXPO’70 パビリオンです。ぽっぷできっちゅで当時のおしゃれさを堪能できました。もっとゆっくり見たかった。グッズを見忘れてしまったのが心残り。ニフレルはとにかくお土産が充実していました。

9月

シン・ゴジラを好きになる

道の駅スタンプ巡りを再開する

片思いの相手が後輩とつきあってました

その直後のボーリング大会で過去最高点をたたき出す。

10月

11月

なんか忙しかった

12月

ディズニーシー(ひとり) 

f:id:oishiioniku:20161230111507j:plain f:id:oishiioniku:20161230111612j:plain

f:id:oishiioniku:20161230111636j:plain f:id:oishiioniku:20161231134708j:plain

ひたすらシーで酒を飲む。最後のはイクスピアリです。やっぱり気付いたんですけど、私あんまりディズニー好きじゃないんですわ…。まずほぼ映画見たことないし、待ち時間(=トイレ行けない状況)にうんこ行きたくなるタイプだし…ただしキャラクターというかかわいいもの全般が好きなので!グッズは見たいんですよねー。

ライブ系はイエモンに2回とアンジュとNEWSに行きました。その代わりお笑いは全然行けてないなー。しかしこう並べてみると結構リア充感ありますね(^◇^)!。

いやいや…今年、男と一度もデートしてない!!!

いやー彼氏いなかったことには気付いていたんですが、うっかりうっかり。生涯彼氏いた期間はとても短いのですが、それでも合コンで知り合った方とデートくらいはあったのになぁ。ていうか、友達含めても男と2人で出かけてないじゃないか。仕事ですら出てないな。やば。

2017年にやりたいこと

今週のお題「2017年にやりたいこと」

  1. ブログをちゃんと書く(インスタも)
  2. 夜髪洗う
  3. 陰部の痒いのを治す
  4. ほぼ日をちゃんと書く
  5. お金の収支を把握して記録する
  6. 365日貯金する
  7. 本読む
  8. 社労士か行政書士を取る
  9. 彼氏つくる
  10. ライブちゃんと行く

かなり絞り出したわりに2・3番しょーもな。10番は料理ちゃんとする。だったのにくだらない方に変えちゃいました。でも決意しないと遠いんだもん…。社労士と行政書士はどちらかと言えば社労士の方が仕事に役立ちそうなんだけど、ネットで申し込み出来て写真も写メで良くて会場が近所の大学で(本当は禁止だけど)駐車場多くちゃんと警備員さんもいるから車で行ける行政書士に比べて、まず申込用紙を取り寄せるところから始めなければならなきゃいけない社労士はハードルが高い!。めんどい!。ほぼ日は結局毎年ほぼ日。スケジュールは職場の卓上カレンダーとジョルテで良いので、日記用。ほぼ日とか糸井さんとかのああいう感じは全然ふつうに嫌いだしあの下に書いてある言葉とかも嫌いだけど、サイズと紙質が好きで結局ほぼ日手帳

長年片思いしていた人が後輩とつきあっていたのでブログはじめました。

ある日職場の後輩に呼び出され、二人で飯行こうと言われたので、9割方これしかないだろうな、と思っていましたらその通りでした。
・後輩はもう一人いるので、わざわざ2人で出かけることは通常ない。
・彼女と私は性格が似ていたので、彼女が好きになることはあるだろうな、と最初から思っていた。

とにかく周りから固めよう!既成事実を作ろう!と思っていた私は、本人以外の周囲の人に好きなことを言いふらしていました。当然彼女にも伝えていました。
付き合っていたわけではないので、「言わなかったこと」は別に仕方ないと思ってます。長年好きだったくせに何もしていない方がおかしいですよね。
それより、なんでこの女なんだ!!
という思いの方が俄然強いですね。より性格悪いじゃないか。

呼び出されて聞いた話は、「自分も最初から好きで…、今年度からご飯とか行くようになって。でも会わないことにした。理由としては私さんのことも無くはない」とのことでした。事前に覚悟していたこともあって、この場をどう収めればいいのか…ということで頭がいっぱいでした。シリアスな場面が超苦手で、出来る限りそういう場面を避けて避けて生きてきたので。
結局詳細はよく分からず、その後裏を取っていったら(とりあえずセックスしていることはすぐ分かりました)、どちらかと言えば振ったのは後輩の方でした。

その後、鬱々とした偽鬱ライン(なぜなら元気だから)を片思いの相手に度々送っていたら、 電話が来て正式に振られました。「私のことなんか関係なく、ただ嫌になったから振られただけだと思いますよ」というラインが効いたそうです。いや多分そのとおりだろう。

言いふらしていた理由は、上に書いたとおりです。でも本当は違ったのだと気づいています。結局本人にどう迫ったらよいか分からないので、皆さんに聞いてもらっているだけ、ということと、何も提供できる話題がないのでキャラ付けの一環として利用していただけだということなんでしょう。しかし好きだったことは本当です。悔しいので、振られた後も稀に鬱ラインを送っています。たまに送るのがポイントです。いつ来るかわからない方が怖いと思うので…。

さて、この話を最初に聞いたのが10月末、そろそろこの話で食えなくなっていることも自覚しております。ちゃんと消化できるよう、ブログ始めます。